TOP

東京の風俗にいた性欲モンスターと対峙した体験談です。

巨乳のギャル風俗嬢の破壊力がハンパなかった

破壊力という点では浅草にいた風俗嬢の巨乳も挙げておきたい。近年、女性のスタイルは明らかにレベルが高くなっている。スレンダーな女性を愛する方には申し訳ないが、やはり自分は胸が大きいほうがスタイルが良いと考える。どのような教育なのか、栄養の影響なのかは分からない。だが全体的に巨乳化が進んでいるのは紛れもない事実なはず。おかげで浅草でも風俗は非常に容姿のレベルが高くなっている。微乳の方が珍しいのではないかと思うレベル。そのため、巨乳と楽しむことが何ら珍しいものではなくなっているのだが、先日浅草の風俗で相手をしたRという風俗嬢。彼女もまた、巨乳だった。付け加えるのであれば、破壊力抜群の巨乳であった。破壊力?と思われる人もいるだろう。だが破壊力という言葉以外には見当たらない。なぜならこちらの理性を破壊したからだ。彼女の巨乳を目の当たりにし、さらには巨乳に挟まれる。そして巨乳に弄ばれる。これで正気を保っていられる男などいないのではないか。敢無くではなく、彼女の巨乳に撃沈してしまったのは、あの巨乳をもってすれば当たり前なのかもしれない。

別人格で楽しむのが風俗

二重人格とかって意味ではなく、風俗では別人格になり切って楽しむようにしています。その方が自分自身を開放出来るし、性に対してはブレーキをかけてても面白くないと思うんですよね。風俗では自分を解放した方が断然面白いと思うので、まるで別人格化のように楽しんでいます。風俗では相手がしっかりとこちらに気を使ってくれるっていう安心感があるので、こちらも冒険出来るんですよね。至れり尽くせりな奉仕じゃないですか。だからこそこちらの気分も乗りやすいので、それで多々楽しませてもらっています。毎日だったら疲れてしまうかもしれないですけど、たまになので自分でも「たまにのことだし」って割り切って、それこそ会社での自分を知っている人が見たらドン引きしてしまうかのような自分へとなりきって楽しむようにしています(笑)浅草なら絶対知人や同僚に会わないので安心ですね。

予約してでも風俗を利用したかったんです

風俗は予約しないで利用しているんです。もしもですけど、予約していないと無理だと言われれば、じゃあ結構というか、そこまでしたくはないって気持ちがあったんです。風俗は気分で楽しみたいって思っているんで、予約しろって言われてもちょっとピンと来ないというか。でもそんな自分でも予約してでも利用したいって思えるような女の子がいたんですよ。浅草の風俗店にいるRちゃん。彼女はいつ電話しても「予約でいっぱい」「受付終了」だと。何度もつれない返事をもらっているうちに、それならもう予約してやろうと。むしろそうしないと利用出来ないのであればするしかないだろうってことで予約して楽しんできました。実際に彼女と楽しんでみて、なんで彼女が人気があるのかもよく分かりました。確かに彼女は予約してでも楽しみたいって思わせてくれる女の子だなと。そして、これからは予約した方が時間も効率よく風俗を楽しめるんじゃないかなとも思いました。

息遣いまで最高だった

大型連休なのに何もすることがないので、いつもより少し遠くの浅草まで風俗に行ってきました。相手は指名したYちゃん。パネルを見るに、相当エロそうだなと。フェロモンというよりもエロ。この二つの違いが具体的にどういったものなのかは自分でもよく分かりませんが、本当にそんな雰囲気なんですよね。そして何より驚いたのが彼女の息遣い。これがとってもリアルだったんですよ。あの息遣いは彼女は風俗嬢としてではなく、一人の女として発していたものなんじゃないかなとかこちらの想像力まで刺激してくれました。彼女の息遣いが近い所から伝わってくるじゃないですか。それだけでこちらも興奮してきたんですよね。しかも彼女の息遣いはやたらセクシーな時が混ざっていたり。意識しているのか無意識なのかよく分からなくなってきて、もはや彼女にすべての面でコントロールされているのかもしれない…なんてその時には考える余裕もなく、彼女の息遣いのヒートアップと共に果てちゃいました。