>  > 記憶を辿ってみたんです

記憶を辿ってみたんです

かなり昔に足を運んだ風俗が忘れられないんですよ。その後もいろいろと風俗のお世話になっているんですけど、その時利用した風俗のことを探していたんです。自分の記憶が不鮮明になっているので探すのにかなり手間取りましたけど、ようやくお店を見つけて楽しんできました。お店まで足を運ぶと「ここだ!」って実感。さすがに女の子までは覚えていませんでしたけど、それでもお店の雰囲気を満喫出来たので満足です。実はその件があって以来、風俗ノートを付けるようになったんですよ。具体的に言えばいつどの風俗で楽しんだのかをメモしておくんです。これ、なかなかお勧めですよ(笑)自分の記憶を整理出来るだけじゃなく、良い女の子をって思った時にピックアップ出来るんですよ。この風俗ノートを付けるようになってから、自分の中での風俗の楽しさが一つ増えたような気がするんですよ。それこそライター気取りでいろいろと書いていますが、それが次の風俗の参考になるんですよね。

可愛いだけじゃないんですよ

お気に入りのHはこれまでの風俗嬢の中でも一番頭が良いかなと思っています。偏差値が高いって意味ではなく、こちらの反応とかを見てこちらのニーズを的確にキャッチするんですよ。だから彼女にはあれこれ細かい指示を出さなくともこちらの要望に応えてくれるテクニックを楽しませてくれるんです。それが良いので最近の風俗は彼女ばかり指名させてもらっています。120分くらいで指名する時もあれば、50分でさくっと楽しむ時もあるんですけど、時間によっても彼女はプレイを変えてくれるんです。50分の時は丹念にというよりも快感を直接的に与える感じでしょうか。でも120分の時は割とじっくり攻めてくれるんですよね。こういった形で使い分けが出来るのって彼女自身の頭の良さなんじゃないかなと思うんですよ。だから彼女との時間はいつも自分にとって最高の満足が訪れるんです。彼女がいなければもしかしたらここまで風俗にハマっていないんじゃないかなと。

[ 2016-07-14 ]

カテゴリ: 風俗体験談